めまい・耳鳴り解消ネット

めまい・耳鳴り解消ネットトップ > 耳鳴りの検査鈍音聴力検査


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鈍音聴力検査

聴力検査の基本検診

純音聴力検査とは聴力検査の一種であり、聴力検査の最も基本となるものです。
単純に健康診断や聴力検診などで行われる他、耳鳴りが有る時に原因特定のために行われることも多い検査です。

検査方法について

純音聴力検査は、様々な周波数の非常に小さい音から発生させる機器(オージオメータ)を用いて、両側の耳それぞれに対して聞こえるかどうかのデータを取っていく検査です。
基本的に小さい音が聞こえたならば同じ周波数のそれより大きい音は必ず聞こえるはずですので、検査では周波数ごとの聞こえる最小音量(閾値)を記録していく形になります。

この記録されたものをオージオグラムと呼び、純音聴力検査における検査データとします。
検査では必ず、検査をしている耳で聞こえた音なのかを確定するため、反対側の耳に「マスキング」と呼ばれる雑音を流すことを行います。これにより、検査を受けてない側の耳が検査音を拾ってしまうのを防ぎます。

スポンサードリンク

検査では気導音と骨導音の両方で確認する

また、純音聴力検査では気導音と骨導音の両方で検査を行います
気導音とは空気の振動として伝わる通常の音で、骨導音とは骨を伝って直接聞こえる音です。
気導音はヘッドフォンで、骨導音は振動板を側頭骨に当てることで検査されますが、この両者での聞こえの違いを利用して耳鳴りや難聴の原因を絞り込むことが可能になります。

すなわち、骨導音では聞こえている音が気導音で聞こえない場合、外耳から中耳までの部分で障害が起きている可能性が高く、気導と骨導両方で聞こえが悪い場合は、内耳や聴覚神経に問題が出ている可能性が高いといった具合に、障害箇所の絞り込みが行えるわけです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
07月13日
固定周波数ピッチマッチ検査・連続周波数ピッチマッチ検査」を更新しました。
07月13日
ラウドネスバランス検査」を更新しました。
07月13日
マスキング検査」を更新しました。
INDEX PICKUP めまい・耳鳴りの予防と対策
Copyright(c) めまい・耳鳴り解消ネット All rights reserved.