めまい・耳鳴り解消ネット

めまい・耳鳴り解消ネットトップ > 耳鳴りの検査

耳鳴りの検査法

耳鳴りの原因を知るためには耳鼻科で行われる検査を受ける必要があるでしょう。検査内容は状況によってまちまちですが、耳管機能検査、ティンパノグラム、鈍音聴力検査、ピッチマッチ検査、ラウドネスバランス検査が用いられいます。実際の検査では耳鳴りの原因だけでなく、疑われる病気の推測も行われています。更に耳鳴りの音量を客観的に捉えたりすることも可能です。不快な耳鳴りに悩まされている人は、是非一度受けてみてはいかがでしょうか。

耳管機能検査
耳管の開閉が適切に行われているかを調べる検査です。つばの飲み込み時に音を聞気取れるかをチェックしていきます。
ティンパノグラム
鼓膜や耳小骨の動きを調べる検査法です。鼓膜の状態や耳小骨の異変、耳鳴りの原因推測に効果を発揮します。
鈍音聴力検査
健康診断や聴力検診などで行われている一般的な聴力検査です。周波数ごとに聞こえる最小音量を記録していきます。
固定周波数ピッチマッチ検査・連続周波数ピッチマッチ検査
自身が感じる耳鳴りがどの高さの音かを調べ、耳鳴りの状態や原因を推測していく検査法です。
ラウドネスバランス検査
感じている耳鳴りがどの程度の音量かを調べる検査です。耳鳴りの不快感の軽減に有効とされています。
マスキング検査
耳鳴りがある側に音を聞かせ、耳鳴りが消える音量や音を探していきます。耳鳴りの原因を調べる専用の検査です。
最新記事
07月13日
固定周波数ピッチマッチ検査・連続周波数ピッチマッチ検査」を更新しました。
07月13日
ラウドネスバランス検査」を更新しました。
07月13日
マスキング検査」を更新しました。
INDEX PICKUP めまい・耳鳴りの予防と対策
Copyright(c) めまい・耳鳴り解消ネット All rights reserved.