めまい・耳鳴り解消ネット

めまい・耳鳴り解消ネットトップ > 耳鳴りから考えられる病気耳管狭窄症(症状・原因・治療)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

耳管狭窄症(症状・原因・治療)

空気のやり取りは耳管で行われる

耳のうち、鼓膜から前庭までの空間は「中耳」と呼ばれ耳小骨などが配置されています。
この中耳と鼻の奥の上咽頭は「耳管」という路でつながれており、空気のやり取りが存在します。耳管は普段閉じており、あくびなどの時に解放されて中耳と空気のやり取りが為されます。

飛行機に乗ったり、トンネルに入ったりして気圧が急変した時、一時的に耳がよく聞こえなくなる現象がありますが、これは中耳の気圧が外気圧と違ってしまって鼓膜を圧しているせいであり、あくびをするとそれが解消されるのは、この耳管を通した空気のやり取りによるものです。

難聴や耳鳴りなどの症状が現れる

この耳管が何らかの原因で開かなくなってしまうのが「耳管狭窄症」です。
多くの場合は耳管に隣接するどこかの組織で炎症による浮腫が発生し、耳管が圧迫されることで起きてきます

実際に感じられる症状は、中耳の気圧調整ができなくなることによる耳閉感難聴低音の耳鳴りなどになります。特に、自分の呼吸音などがよく聞こえたりして、「耳を塞いだような状態」になるのが特徴的です。

スポンサードリンク

鼻炎が主な原因に

原因として多いのは副鼻腔炎、簡単にいえばアレルギー性鼻炎や風邪による鼻炎です。
治療としてはまず原因となっている鼻炎の解消のほか、狭窄が慢性化していれば鼓膜換気チューブを留置することも有ります。大体は炎症の終了とともに快方しますが、最悪でも換気チューブを留置すれば自覚症状はほぼ収まるようです。なお、狭窄症と対になる症状として、常に耳管が開いてしまう「耳管開放症」というものも有ります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
07月13日
固定周波数ピッチマッチ検査・連続周波数ピッチマッチ検査」を更新しました。
07月13日
ラウドネスバランス検査」を更新しました。
07月13日
マスキング検査」を更新しました。
INDEX PICKUP めまい・耳鳴りの予防と対策
Copyright(c) めまい・耳鳴り解消ネット All rights reserved.