めまい・耳鳴り解消ネット

めまい・耳鳴り解消ネットトップ > 耳鳴りについて高音性耳鳴り(キーンと鳴る)の特徴


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高音性耳鳴り(キーンと鳴る)の特徴

存在しない音を脳が認識している

「キーン」と鳴っているように感じる耳鳴りを「高音性耳鳴」と呼びます。
耳の中にこのような高音を出すものは存在しませんので当然といえば当然ですが、基本的にこの高音の耳鳴は、現実の音源が存在しない「自覚的耳鳴」になります。

内耳若しくはそこからつながる聴覚神経のどこかに異常が発生して、間違った信号が入力されて本来存在しない音を脳が認識してしまっていることから起きてきます。
また、高い頻度で難聴を伴う耳鳴りでもあります。

高音性耳鳴の特徴について

高音性耳鳴の特徴は、ある程度音が持続する、耳を塞ぐとより大きく聞こえる、音量が変動するといった事柄になります。また、人間の性質上、高音には気が付きにくいという傾向があり、実際はより高い頻度で耳鳴が生じているにもかかわらず、生活音などに紛れて認識されていないことも多い耳鳴です。

高音性耳鳴を症状に持つ病気

高音性耳鳴りを生じることが多い病気としては、「老人性難聴」「騒音性難聴」「突発性難聴」「自律神経失調」などが挙げられます。「キーン」と言う金属音のような耳鳴は特に神経的な疲労、睡眠不足、ストレスなどに応じて現れてくることが多く、自律神経失調などのストレスを起因とする病気とはかなり近しい関係にあります。
人にもよりますが、同じくストレスを引き金とすることが多いメニエール病などでもこの高音の耳鳴が良く出るようです。

スポンサードリンク

ストレスが原因になることも

全体に神経的な負荷やストレスなどと強い関係があるのがこの高音の耳鳴であるので、耳鳴りが出たら一度は医師の診察を受けた上で、できる限り心身をリラックス状態に保つのが適切な対処でしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
07月13日
固定周波数ピッチマッチ検査・連続周波数ピッチマッチ検査」を更新しました。
07月13日
ラウドネスバランス検査」を更新しました。
07月13日
マスキング検査」を更新しました。
INDEX PICKUP めまい・耳鳴りの予防と対策
Copyright(c) めまい・耳鳴り解消ネット All rights reserved.