めまい・耳鳴り解消ネット

めまい・耳鳴り解消ネットトップ > めまいの検査注視眼振検査・非注視眼振検査


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注視眼振検査・非注視眼振検査

めまいを総合的に検査する眼振検査

病院におけるめまいの検査としてよく行われるのが「眼振検査」です。
人間、めまいが起きているときはそのめまいに合わせるように眼振(眼が一方向に繰り返し動いたり、ふらふら揺れたり)ということが起きます。

本人が感じているめまいを周りが直接認識することは出来ませんが、眼振を見ることでめまいが起きているかどうか、どのようなめまいがどれぐらいの強さで起きているかのある程度の判断ができるようになります。また、障害が起きている部位によって現れる眼振に違いがあるため、障害部位の特定にも重要な検査だと言えます。

眼振検査の種類について

眼振検査には「注視眼振検査」「非注視眼振検査」が有ります。注視眼振検査は、患者が何かを見つめた状態で眼振が起きるかどうかを見る検査で、非注視眼振検査は逆にどこにも焦点を合わせない状態で眼振の状態を見る検査です。

注視検査はペン先でも指先でもなんでも注視すればできますが、非注視眼振検査の方は「フレンツェル眼鏡」という特殊な器具を装着して、どこにも焦点が合わせられないようにして行うことが多いようです。

スポンサードリンク

原因となる障害部分を確認することができる

この二つの眼振検査を行うと、内耳に障害が出ている場合と小脳・脳幹に障害が出ている場合とで違いが出てきます。内耳に問題がある場合は、非注視眼振検査で眼振が発生しますが注視眼振検査では眼振が抑えられます。

一方、小脳・脳幹で障害が出ている場合は非注視眼振検査でも注視眼振検査でも両方で眼振が発生します。これにより同じめまいでもある程度、原因の切り分けが可能になるわけです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
07月13日
固定周波数ピッチマッチ検査・連続周波数ピッチマッチ検査」を更新しました。
07月13日
ラウドネスバランス検査」を更新しました。
07月13日
マスキング検査」を更新しました。
INDEX PICKUP めまい・耳鳴りの予防と対策
Copyright(c) めまい・耳鳴り解消ネット All rights reserved.