めまい・耳鳴り解消ネット

めまい・耳鳴り解消ネットトップ > めまいの検査

めまいの検査法

めまいの原因を確かめるには、他の病気と同様に専門的な検査が必要です。検査は末梢性や中枢性かで異なりますが、原則は聴力、平行感覚、視覚について行われます。検査には複雑なものや大掛かりな機材を使用することもありますが、直立するだけ、字を書くだけという簡単なものも存在します。基本的には複数の検査結果を元に、疾患を判断するため検査にはそれなりの時間を要することになるでしょう。

めまいは何科で診てもらう?
めまいだけの症状なら耳鼻科、痺れや頭痛が伴い場合には神経科や脳神経科を受診するのが一般的です。
注視眼振検査・非注視眼振検査
めまいの強さと状況を確かめる検査です。具体的には焦点を合わせた状態で眼振が起きるかを確認する、もしくは焦点を合わせないで眼振の状態を確認していきます。
温度刺激検査
外耳道にお湯や水を入れ眼振の有無と変化を確認する検査です。原因部分の判断にも有効です。
視標追跡検査
指標を注視した状態で動かし、それを追う目の動作を電気眼振図で記録していきます。めまいの原因を特定していく検査です。
視運動性眼振検査
等速で運動する物を見させ目の動きを見る検査法です。戻りの眼振動作、動きのタイミング、視点の振れなどの確認です。
回転刺激検査
体を回転させその反応からめまいの原因を探していく検査法です。回転には複数のパターンが用意されています。
電気眼振計検査
眼球運動筋肉の収縮を電気信号で拾い波形表示する検査です。結果が他の検査でも利用されるなど非常な重要な検査といえます。
直立検査
指示された姿勢で一定時間、直立するだけの検査です。検査は両足、単脚、マン姿勢という3姿勢と、開眼、閉眼を組み合わせて行います。
足踏み検査・歩行検査
6mほどの直線を線に沿って歩くだけの検査です。衡感覚の異常や、めまいの度合いの判断に有効です。
書字検査・重心動揺検査
文字通り実際に字を書いてもらい、その偏りを確認する検査です。平衡感覚の異常を確認しています。
MRI・MRA検査
中枢性めまいが疑われる場合に用いられる検査です。血管の詰まりや腫瘍の有無を確認していきます。
最新記事
07月13日
固定周波数ピッチマッチ検査・連続周波数ピッチマッチ検査」を更新しました。
07月13日
ラウドネスバランス検査」を更新しました。
07月13日
マスキング検査」を更新しました。
INDEX PICKUP めまい・耳鳴りの予防と対策
Copyright(c) めまい・耳鳴り解消ネット All rights reserved.