めまい・耳鳴り解消ネット

めまい・耳鳴り解消ネットトップ > めまいに関係する病気聴神経腫瘍(症状・原因・手術)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

聴神経腫瘍(症状・原因・手術)

聴神経腫瘍は脳腫瘍の一種

めまいが現れた時に、疑うべき幾つかの症状のうちの一つが「聴神経腫瘍」です。
聴神経腫瘍は「聴神経鞘腫」とも呼ばれる病気で、脳腫瘍の一種です。
脳腫瘍全体で7~10%を占める割合ポピュラーな症状の一つであり、良性腫瘍であるためこれ自体が致命的な症状となることは無いようです。

もちろん、あまりに大きくなったものを放置すれば意識障害などにも到達します。
良性腫瘍とは言っても腫瘍が成長すれば周辺器官の機能は阻害されてきます。
この腫瘍が発生するのは聴神経を覆うように存在するシュワン細胞という部位であり、腫瘍が成長することで聴神経が圧迫され機能障害を起こします。

主な症状について

自覚症状として代表的なのは難聴、耳鳴り、そしてめまいです。
その他では顔面神経麻痺などが生じます。聴神経の方から来る末梢性めまいと言えるため、めまいの種類は強い回転性のめまいが生じます。

この腫瘍は成長速度が遅いものがほとんど(結局成長しないものも多い)なので、症状が出るまではかなりの時間をかけて腫瘍が成長しています。逆に早期発見された場合でも、そのまま影響が出ないことが有るため、成長速度を見てから治療を行うかどうかを判断するようです。

スポンサードリンク

手術による腫瘍の除去が基本治療

治療は基本的に手術による腫瘍の除去を行います。
耳の後ろから切開して、腫瘍の除去を行うのが一般的で、状況によってはガンマナイフなども併用することがあるようです。良性腫瘍ですので転移などの危険性はなく、腫瘍を除去出来ればそれで治療は完了します。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
07月13日
固定周波数ピッチマッチ検査・連続周波数ピッチマッチ検査」を更新しました。
07月13日
ラウドネスバランス検査」を更新しました。
07月13日
マスキング検査」を更新しました。
INDEX PICKUP めまい・耳鳴りの予防と対策
Copyright(c) めまい・耳鳴り解消ネット All rights reserved.