めまい・耳鳴り解消ネット

めまい・耳鳴り解消ネットトップ > めまいに関係する病気小脳出血(症状・原因・治療)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小脳出血(症状・原因・治療)

動脈硬化が主な原因

脳内の血管が破裂、若しくは動脈硬化により血圧に耐えられず破損することで脳内に血液が直接流出する状態をまとめて脳出血と呼びますが、その出血が起きる場所によって表に現れてくる症状が異なってきます。

主な症状について

脳の中で後頭部に位置する小脳は、主に運動機能を司る脳です。
ここで出血(小脳出血)が起きると、小脳機能が阻害され運動機能にハッキリとした障害が現れてきます。大脳で起こる脳出血や脳梗塞でも運動機能に問題が出てきますが、大脳を原因とする場合は大体が麻痺を伴います

小脳出血で起こる運動機能障害は、こうした麻痺などを伴わずに歩行不能、動作不全が起きてきますので区別ができます。また、小脳出血においては頭痛、めまい、吐き気などを伴うことがあります。また、小脳出血特有の症状としては眼が勝手に動く「眼振」というものがあります。

スポンサードリンク

速やかな治療が必要になる

治療としては一刻も早く処置を受けることが必要になります。
処置そのものは大脳の方で起きる脳出血と同じで、出血によって圧迫された脳組織を助けるために血腫の除去や浮腫を抑える薬剤投与、減圧措置などが行われます。
特に、小脳出血で浮腫が起きると真っ先に圧迫される脳幹側の機能が呼吸機能であるため、処置が遅れることは生死に直結します。

しびれを伴った動作不全は脳梗塞・脳出血の特徴ですが、麻痺を伴わない場合でも小脳出血のように脳出血を起こしている可能性があります。強烈なめまいや四肢の動作不全などが起きた場合、とにかく速やかに病院に搬送してもらいましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
07月13日
固定周波数ピッチマッチ検査・連続周波数ピッチマッチ検査」を更新しました。
07月13日
ラウドネスバランス検査」を更新しました。
07月13日
マスキング検査」を更新しました。
INDEX PICKUP めまい・耳鳴りの予防と対策
Copyright(c) めまい・耳鳴り解消ネット All rights reserved.