めまい・耳鳴り解消ネット

めまい・耳鳴り解消ネットトップ > めまいに関係する病気遅発性内リンパ腫(症状・原因・治療)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遅発性内リンパ腫(症状・原因・治療)

メニエール病と似た症状を持つ病気

メニエール病の原因でもある、内耳に生じる内リンパ水腫。この内リンパ水腫が数年~数十年のインターバルを置いて発生するのが遅発性内リンパ水腫です。

この遅発性内リンパ水腫は、片側、若しくは両側の耳に既往症として高度感音難聴があることをベースとして発症します。症状としてはメニエール病に似た回転性の強いめまいと耳鳴り・新たな難聴などが表れます。症状が同じ内リンパ水腫から引き起こされますので、メニエール病に似た症状となるのでしょう。

主な症状について

症状の表れ方には「同側型」「対側型」の2種類が有ります。
同側型は片側、若しくは両側に高度感音難聴(殆ど聞こえない状態を指します)が生じている状態で、その難聴が生じている耳を原因としてめまいなどが起きる型です。
対側型は、片側の耳で難聴がすでに有り、それとは反対の耳であ新たな難聴や耳鳴り、めまいが生じてくる出方を指します。この耳鳴り・難聴は繰り返し起きたり強弱が変化したりします。

原因は解明さていない

遅発性内リンパ水腫の原因については、現在まだハッキリとした見解は出されていないようです。難聴を患っている耳で徐々に内リンパ水腫が起きてくることが直接の原因と考えられますが、なぜそれが起きるのかに関しては不明です。

スポンサードリンク

治療は水腫の縮小を目的とした薬物投与

治療としてはメニエール病などと同じく、利尿剤ステロイドによる水腫の縮小が図られます。薬剤で効果が見られない場合は、内リンパ嚢開放術も行われます。
同側型ではめまいが収まればそれで原状復帰なのですが、対側型では新たな難聴が残ることも多く、予後はあまり良くないようです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
07月13日
固定周波数ピッチマッチ検査・連続周波数ピッチマッチ検査」を更新しました。
07月13日
ラウドネスバランス検査」を更新しました。
07月13日
マスキング検査」を更新しました。
INDEX PICKUP めまい・耳鳴りの予防と対策
Copyright(c) めまい・耳鳴り解消ネット All rights reserved.