めまい・耳鳴り解消ネット

めまい・耳鳴り解消ネットトップ > めまいに関係する病気真珠種性中耳炎(症状・原因・治療)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真珠種性中耳炎(症状・原因・治療)

原因は上皮細胞が球状に増殖すること

キヌタ骨などが存在し、鼓膜の振動を前庭から蝸牛に伝える空間である中耳
この中耳はしばしば炎症を起こしたりしますが、その炎症すなわち中耳炎のうちの一つが「真珠腫性中耳炎」です。

この「真珠腫性中耳炎」は、中耳炎が起きては治るを繰り返しているうちに、中耳の上皮細胞が球状に増殖をしてしまう症状です。あたかも真珠の核ができるような姿であるため、真珠腫性中耳炎と呼ばれます。この真珠腫性中耳炎の問題点は、成長した真珠腫が最終的に中耳の骨などを圧迫・破壊して難聴や顔面神経麻痺を引き起こしてしまうことにあります。

真珠腫性中耳炎の症状としては、まず普通の中耳炎と同じように耳だれ(耳漏)が発生します。
特に、血の混じった血性耳漏が発生しやすいようです。そして症状が進むと中耳の組織が破壊され始め、難聴やめまい、顔面神経麻痺などが引き起こされてきます。

スポンサードリンク

治療では鼓室の再建を行う

治療としては手術による真珠腫の除去と、破壊された鼓室の再建がメインとなります。
真珠腫がそれほど大きくなく、耳小骨に問題が出ていなければ除去手術+鼓膜再生が行われ、耳小骨に問題が出ていると度合いに応じて、軟骨によるアダプターを挟んで鼓膜と耳小骨を接続したり、残っている耳小骨に直接鼓膜を接続するなどの術式が選ばれます。

近年は技術の進歩と、鼓膜の大きさが変わってしまうことへの配慮により、直接接続するのは廃れて、軟骨などで支柱を作って損失した耳小骨の代わりとする方法が主流となってきたようです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
07月13日
固定周波数ピッチマッチ検査・連続周波数ピッチマッチ検査」を更新しました。
07月13日
ラウドネスバランス検査」を更新しました。
07月13日
マスキング検査」を更新しました。
INDEX PICKUP めまい・耳鳴りの予防と対策
Copyright(c) めまい・耳鳴り解消ネット All rights reserved.