めまい・耳鳴り解消ネット

めまい・耳鳴り解消ネットトップ > めまいに関係する病気メニエール病の手術(内リンパ嚢開放術・前庭神経切除術)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メニエール病の手術(内リンパ嚢開放術・前庭神経切除術)

重度のメニエール病では手術が適用される

ストレスや睡眠不足、心身疲労を原因として発生した内リンパ水腫
この水腫がメニエール病の直接の原因となりますが、この水腫を抑えるために基本的には薬物による治療法が取られます。しかし、症状が重度である場合や、投薬による改善が見られない場合、直接内リンパ水腫を切り開く「内リンパ嚢開放術」や、「前庭神経切除術」が行われることがあります。

内リンパ嚢開放術について

内耳が存在する側頭骨と脳を包む硬膜の間に内リンパ嚢という器官が存在しており、内耳におけるリンパ液を適宜吸収する機能があると考えられています。
自律神経機能が狂うとこの内リンパ嚢がうまくリンパ液を吸収できなくなり、内リンパ水腫が生じると言うわけです。

「内リンパ嚢開放術」はこの内リンパ嚢に穴を開ける事で、自律神経の働きと関係なくリンパ液を吸収できるようにする手術です。この手術によるメニエール病の改善は70%前後とあまり高い数字ではありません。

また、改善も快癒だけでなく一部改善を含んだ数字ですので、手術によってメニエールが治ると断言できない部分があります。しかし、この手術自体に危険性が低く、デメリットもほぼ無いため、有効性に賭けて行われることが多いようです。

スポンサードリンク

前庭神経切除術について

前庭神経切除術は、平衡感覚に関わっている前庭神経を切除する手術で、まさにめまいの元から除去してしまう手術と言えます。手術後の改善率が9割を超えるため、非常に有効な手術ではあります。
しかし、平衡感覚が鈍くなる、手術の難度が高いなどのデメリットも有るため、基本的に前述の内リンパ嚢開放術で効果がなかった時にのみ施術されます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
07月13日
固定周波数ピッチマッチ検査・連続周波数ピッチマッチ検査」を更新しました。
07月13日
ラウドネスバランス検査」を更新しました。
07月13日
マスキング検査」を更新しました。
INDEX PICKUP めまい・耳鳴りの予防と対策
Copyright(c) めまい・耳鳴り解消ネット All rights reserved.