めまい・耳鳴り解消ネット

めまい・耳鳴り解消ネットトップ > めまいの種類中枢性めまいの原因


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中枢性めまいの原因

原因は脳の障害が疑われる

中枢性めまいの原因としては各種脳幹障害小脳障害が疑われます。脳幹障害とは簡単に言って大脳本体が何らかの理由で機能障害を起こしている状態であり、具体的には脳梗塞・脳出血・脳腫瘍などが疑われます。

脳梗塞の発作としてめまいが起こることも

脳梗塞は、いわゆる脳の血管が詰まることで脳細胞が機能不全・壊死を起こす症状です。脳の一部に重大なダメージが出ることが多く、比較的軽い発作ではこうしためまいという症状で現れることもあります。言語障害、構音障害、手足のしびれ、麻痺などが伴う場合、この脳梗塞を疑う必要があります。

脳出血を起している可能性も

脳出血は、脳の内外を走る血管のいずれかが破裂若しくは破損して脳内やくも膜下に出血する症状で、脳全体に深刻なダメージが発生します。出血の度合いにもよりますが、猛烈な頭痛と吐き気、めまいなどを伴うことが多く、意識障害を伴って昏睡に陥ることも有ります。
脳出血は処置の早さがまさに死命を制するため、強い中枢性のめまいが現れたときは、できる限り早く医師の診察を受けるべきでしょう。

スポンサードリンク

強い急性のめまいは脳腫瘍が疑われる

脳腫瘍は脳の一部に腫瘍ができることでその主要周辺の脳機能が障害される症状です。脳腫瘍は徐々に大きくなって周りを圧迫し、機能障害を引き起こすという性質が有りますので、生じてくるめまいも急に強いものが発生するというより、徐々に度合いが強くなってくる、持続的であるという特徴を持ちます。

どうもこの頃歩行に不便を感じる、めまいが続いているというような場合は脳腫瘍を疑ったほうが良いかも知れません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事
07月13日
固定周波数ピッチマッチ検査・連続周波数ピッチマッチ検査」を更新しました。
07月13日
ラウドネスバランス検査」を更新しました。
07月13日
マスキング検査」を更新しました。
INDEX PICKUP めまい・耳鳴りの予防と対策
Copyright(c) めまい・耳鳴り解消ネット All rights reserved.